人形とコイン
広報PR

PR・メディア露出とWEBマーケティングに関するブログ #3

2019.11.11
神村 優介

視察にとどまらない北米スタートアップ人脈の作り方

スタートアップ企業ならいつかは挑戦したいシリコンバレーやニューヨークなどの北米進出。海外進出や海外企業との提携など海外と取引をするためには、海外との人脈が不可欠です。シェイプウィンでは、海外企業の日本進出やPRマーケティング支援をいくつか手がけてきました。外資系の経験者や海外にコネがあったわけではありません。紹介やご縁あって繋がった方も多いのですが、それ以外でも人脈を築く方法はいくつかあります。ガ…

もっと読む

2019.10.31
今村みづき

テレビ番組“制作”現場の裏側をお教えします(1)

シェイプウィンでは、この春から番組プロデューサーの今村(筆者)が加わり、在京キー局のテレビ番組の制作事業を始めました。メディア掲載のため日々奮闘されている『広報』『PR』または『PR会社』をご担当の方々は、番組制作がどのように行われているのか、興味をお持ちかと思います。そこで今回は、テレビ番組の制作現場の裏側について触れてみたいと思います。番組の制作現場にはどんな人たちが関わっているの??テレビ番…

もっと読む

2019.10.15
重谷 敬代

プレスリリースがなくてもメディア露出は可能?

私たち広報PRの専門家(コンサルタント)が受ける相談で特に目立つものは「どうすれば定期的にメディア露出・記事化することができるのか?」という質問です。過去にASCII.jp との共催セミナーにて、広報宣伝スキルアップセミナー第7弾『プレスリリースがなくてもできる広報PR教えます』【7/18セミナー開催】にて、この疑問に関してお伝えしたことがあります。プレスリリースをしたくてもネタ切れになっていてで…

もっと読む

2019.10.03
梅下 武彦

PRと広告とを『越境』するかーープロダクト・プレイスメントの拡張性について

かれこれ30年ちかくも前(1991〜1992年)に、企画案にプロダクト・プレイスメントを採用しようと思って2〜3社のPR会社に問い合わせたのですが、そのときはどの会社もそれがどういうものかだれも知りませんでした。結局、私はそのプランは断念しました。当時の私は、プロダクト・プレイスメントをPRの一種だと思っていたのです。現在では、広告手法として広く誰でもが知るほどです。プロダクト・プレイスメントは、…

もっと読む

2019.09.26
島恵子

海外のPRパーソンにはどんなスキルが求められている?

やっと日本でも「PR」や「広報」という言葉が浸透してきたように感じます。日本では、広報と言われてもどのような仕事なのかイメージしづらいという方も多いはずです。しかし、海外では一般的な職業・職種として広くビジネスパーソンに認知されています。では、その海外のPRパーソン(=PR Specialist)に求められるスキルとはいったいどんなものなのでしょうか? 広報PR分野で有名なアメリカの大学『USC』…

もっと読む

2019.09.18
梅下 武彦

【書評】コンテンツ・マーケティング64の法則:売りにつながるオンライン記事の書き方(著者:アン・ハンドリー/ダイレクト出版)

デジタル社会の今日、なにかを書くということが日常的なことで、むしろ重要度を増していることにきっとだれでもが気がついているはずです。基本的な書く力=文章力だけでなく、SEOに効果的な書き方、アフィリエイトで儲けるため、ブログでアクセス数を増やすため、SNSで「いいね」を獲得するためのテクニックなどさまざまなWebライティング、PR関係者であればニュースリリースやニュースレター、メールマガジンをメディ…

もっと読む

2019.09.12
神村 優介

広報PRの『KPI』ってみんなどうしてる?

広報PRの専門家であるシェイプウィンでは、広報PRのKPI設定についてクライアントからアドバイスを求められることが多々あります。過去に、ASCII.jp共催 広報PRで成功するKPIの設定方法を伝授(2019/1/15)というセミナーを開催したところ、企業の規模によらずKPI設定について悩んでいるという広報担当者ばかりでした。広報PRにおける従来のKPIといえば、メディア露出した記事を広告の値段に…

もっと読む

2019.09.02
梅下 武彦

PR会社 vs 広告代理店 vs コンサルティングファームという“課題”について考える

経営戦略とそれにともなうマーケティングコミュニケーションとメディアのデジタル化、そして多様化が加速するなか、これまでは棲み分けられていたような企業や業種でも、今後は競合してくることは避けがたい事実です。今回、PR会社、広告代理店、コンサルティングファームをめぐる動向や状況をついて、私なりに思っていることについてまとめることで、みなさんがこれからのPRについて考えるためのヒントになればと思います。1…

もっと読む

2019.08.05
梅下 武彦

【書評】独自性の発見(著者:ジャック・トラウト、スティーブ・リブキン/海と月社)

マーケティング戦略についての考え方は、ここ数十年のテクノロジーがもたらす急速な進展と変化の激しさ、さらには対応すべき業務領域も複雑に拡張し続けその重要度が増している現実に直面していることについて、異論をとなえる人はおそらくいないだろうと思います。こうした大激変や大転換にかかわらず、常に考え続けられている中核的なテーマがあります。顧客、ブランディング、差別化などです。顧客やブランディングについては数…

もっと読む

2019.07.11
梅下 武彦

独自性はどうやって発揮できるのかーーPR・マーケティングにおけるスキルの磨き方から考えるべきこと

この記事をお読みくださるみなさんのなかに、書評を読むだけではなくご自身で書かれている方もきっとおいでになることでしょう。ブログで公開している、「読者メーター」や「ブクログ」などソーシャルリーディングを活用している、自分のためだけに「エバーノート」などのデジタルツールで読書日記やメモ的な備忘録として残しているなど。それは、私的なことあるいは業務上のさまざまなコンテンツ制作のひとつなのかにかかわらず、…

もっと読む

お問い合わせ・お見積もり

貴社の目的やゴールに応じてカスタマイズした広報PRマーケティングのプランをご提案いたします。

Webからのお問い合わせはこちら

icon お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

icon 03-5843-7901

コンサルティング・プランニング等ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:10:00〜18:00(平日)