fbpx
検索
Close this search box.

海外SNSマーケティングで成功する5つのポイント!日本と海外の違いを解説

海外 SNS マーケティング.png

海外進出をしたい、海外で成功したいPR担当者の方、「まずはSNSマーケティングから運用しよう」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、異なる地域に住む人々の興味・関心の違いを理解し、マーケティング戦略を練ることは容易ではありません。海外に向けたSNSマーケティングを行う上での大きな壁の一つと言えるでしょう。

今回は、海外向けにSNSマーケティングをしようと考えているPR担当者に向けて、海外SNSマーケティングを成功させるためのポイントを解説します。また、海外の人気SNSランキングや、日本と海外のSNS運用の違いについても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

※本記事では、欧米圏(アメリカ、カナダ)に特化して解説します。

海外向けSNSマーケティングとは?なぜ今必要?

海外向け SNSマーケティング

海外向けSNSマーケティングは、グローバル市場でのブランド拡大に不可欠です。企業は様々な文化や言語を考慮し、異なる地域の顧客に合わせた戦略を展開する必要があります。

市場規模の変化

海外でのSNSマーケティング市場は、デジタル化の進展と共に顕著な成長を見せています。

現代の消費者行動においてSNSの影響力は増しており、企業はグローバル市場にアプローチする絶好の機会を持っています。特にサービスを海外市場に導入する際、地域ごとのSNS利用状況を理解し、それに基づいたマーケティング戦略を立てることが成功の鍵です。

SNSユーザーは53億人

DateReportal の最新データによると、2024年には世界のインターネットユーザー数が53億人に達し、その中で50億人がSNSを利用しています。

この膨大なユーザーベースは、企業にとって顕著な潜在的リーチを意味しており、マーケティング戦略においてSNSの利用を最適化することが、ブランドのグローバルな認知度向上に直結していることがわかります。

SNS ユーザー

参照:https://jp.statista.com/statistics/1357236/digital-population-worldwide

世界のソーシャルメディアアクティブユーザー数

We Are SocialとHootsuiteの調査によると、Facebookが世界で最も多くのアクティブユーザーを持つSNSで、その数は約29.1億人です。

YouTube、WhatsApp、Instagramと続き、これらのプラットフォームを活用することで、異なるデモグラフィックにアプローチすることが可能です。企業がこれらのデータを基に戦略を練ることで、より効果的に海外市場での影響力を築くことができると言えるでしょう。

世界 ソーシャルメディア アクティブユーザー

1位:Facebook 29.1億人

2位:YouTube 25.6億人

3位:WhatsApp 20億人

4位:Instagram 14.7億人

5位:WeChat 12.6億人

6位:TikTok 10億人

7位:Facebook Messenger 9.8億人

8位:Snapchat 5.5億人

9位:Telegram 5.5億人

10位:Twitter 4.3億人

参照:https://datareportal.com/reports/digital-2022-global-overview-report

SNSを使用している時間

SNSプラットフォームごとに異なるユーザーの使用時間を把握することは、効果的なマーケティング戦略を立てる上で重要です。

We are Social 2023のデータによると、YouTubeとTikTokのユーザーは月に約24時間をこれらのプラットフォームで過ごしており、この二つが最も主力なソーシャルメディアといえます。

YouTube:23.9時間
TikTok:23.28時間
Facebook:19.43時間
WhatsApp:17.20時間
Instagram:12時間
LINE:10.59時間
Twitter:5.28時間
Telegram:3.57時間
Snapchat:3.10時間
Facebook Messenger:3.07時間

参照:https://wearesocial.com/ca-en/blog/2023/01/digital-2023/

海外SNSマーケティングで得られる効果

海外SNS マーケティング 効果

海外でのSNSマーケティングは、ブランド認知の向上から新規顧客獲得まで、多岐にわたる効果をもたらします。

特に北米市場では、広範な民族と文化の多様性を捉えた戦略的なアプローチが重要です。ここでは、具体的な効果とそれを実現するための戦略について詳しく見ていきましょう。

ブランド認知の向上

海外では、多様な民族構成と広範なメディア消費パターンが存在するため、地域に合わせたカスタマイズされたSNS戦略を展開することで、ブランド認知度を効果的に向上させることが期待できます。

例えば、特定の文化イベントや地域ごとのトレンドに合わせたコンテンツを提供することで、ターゲットとするコミュニティの関心を引き、ブランドへの興味を喚起します。これは、新市場への進出初期段階でブランドの可視性を高めるのに特に効果的です。

コミュニティの構築

SNSを活用して海外のコミュニティとの繋がりを作り、対話を通じてブランドに対する信頼とロイヤルティを築くことができます。たとえば、地元のスポーツチームや文化イベントをサポートすることで、地域社会との結びつきを強化し、ブランドへの好意度を高めることなども可能でしょう。

顧客エンゲージメント強化

海外では、顧客との直接的な対話を重視する文化があるため、SNSを通じてリアルタイムの対話を提供することで、顧客エンゲージメントを強化できます。

リアルタイムでの問い合わせ応答や、顧客の投稿に対する迅速なフィードバックは、顧客満足度を向上させると同時に、ブランドのポジティブなイメージを強化します。

新規顧客の開拓

地域に根ざしたマーケティング活動や、特定の文化や趣味に関連するインフルエンサーとのコラボを通じて、未開拓の顧客層にアプローチすることができます。これにより、新たな市場機会を生み、持続的な成長が期待できます。

海外SNSマーケティングの方法

海外 SNS マーケティング 方法

海外市場でのSNSマーケティングは、ブランド認知度の向上、新規顧客の獲得、顧客エンゲージメントの強化に役立つ戦略です。

ここでは、効果的なSNS運用、インフルエンサー施策、キャンペーン、広告施策について解説します。

SNSアカウントの運用

日々のアカウント運用は、ブランドの独自のストーリーと世界観を効果的に伝えるための重要な手段です。

日々のコンテンツ投稿を通じて、ブランドの人格を形成し、国際的なフォロワーとの感情的な結びつきを強化できます。一貫して魅力的なコンテンツを提供することで、エンゲージメントを高め、ブランドロイヤルティを築くことが可能です。

インフルエンサー施策

インフルエンサー施策は、特定の分野で影響力を持つ人物を通じてブランドメッセージを拡散させる効果的な手法です。

インフルエンサーの既存のフォロワーベースを利用することで、ブランドの信頼性が高まり、ターゲット市場へのリーチが効率的に拡大します。この戦略は新製品のローンチやブランド認知度の向上に特に有効です。

キャンペーン施策

特定の期間に集中的に行うキャンペーン施策は、短期間でのフォロワー増加やブランドの話題性を生み出すための効果的な手法です。

ユーザー参加型のキャンペーンを通じて、エンゲージメントとブランドの視認性を同時に高めることができます。キャンペーン施策は、新たなフォロワーの獲得と同時に、既存のフォロワーのエンゲージメントを促進し、SNSプレゼンスの強化に寄与します。

広告施策

SNSの広告施策は、非常に精密なターゲティングが可能で、海外にアプローチしたい場合に非常に有効と言えるでしょう。

ユーザーの行動や興味に基づいたデータを活用して、関心が高いと思われるユーザーグループに直接アプローチできます。これにより、広告の訴求力を最大化し、マーケティングのROIを大幅に改善することが可能です。

日本と海外のSNSマーケティングの違い

海外 SNS マーケティング 違い

日本と海外のSNSマーケティング戦略には顕著な違いがあります。ここでは、主要なSNSプラットフォームごとにその違いを詳しく解説し、海外の特性に適したマーケティングアプローチを解説します。

X

SNS X

日本ではビジネス利用が一般的で、企業が製品情報やニュースを発信する手段として広く活用されていますが、対照的に、海外、特にアメリカでは、政治的な議論や社会的な運動が活発に行われる場としての側面が強いです。

このような違いから、企業は意見の分かれるトピックへの関与を慎重に管理する必要があり、ブランドの価値観を明確に伝える戦略が求められます。

Facebook

SNS facebook

海外ではFacebookをビジネスとして利用するよりも、主に個人間のコミュニケーションやコミュニティ形成のツールとして使用されます。

これに対して日本では、企業が顧客と直接コミュニケーションを取るためのプラットフォームとして、また広告の配信にも積極的に利用されています。そのため、企業はターゲット市場に応じてアカウントの種類を選定し、適切なコンテンツ戦略を展開する必要があります。

インスタグラム

SNS Instagram

インスタグラムにおいては、日本と海外で利用方法が似ています。

インフルエンサーの活用も日本と海外で共通しており、ビジュアルコンテンツを通じて製品の魅力を伝える手法が効果的です。しかし、文化的な要素やビジュアル表現の好みが異なるため、地域に根差したコンテンツ作りが成功の鍵となります。

TikTok

SNS TikTok

TikTokは特にアメリカを含む海外市場で爆発的な人気を誇り、特に若い世代にリーチするのに最適なプラットフォームです。

動画コンテンツを通じて直接的に商品を紹介し、購入につなげる「ショッピング機能」が充実している点も、日本とは異なる特徴です。このような機能を活用することで、直接的な売上げ増加に寄与しています。

Youtube

SNS youtube

YouTubeに関しては、日本と海外での利用方法に大きな違いはありませんが、視聴者層や人気のコンテンツジャンルには差異が見られます。

どちらの市場でも情報提供、娯楽、教育的な内容が主流であり、ブランドはこれらのコンテンツを通じて幅広い層にアプローチすることが可能です。

海外向けSNSマーケティング成功の5つのポイント

海外 SNS マーケティング 成功 ポイント

海外市場への進出において、SNSマーケティングは非常に効果的な手段ですが、成功するためにはいくつかの重要なポイントを理解しておく必要があります。

地域性を意識する

海外でのマーケティングでは、広範囲に渡る多様な地域性を考慮する必要があります。

特に欧米では、地域ごとの文化や価値観の違いが大きく、地域コミュニティへのアプローチが成功の鍵を握ります。地元のイベントや祭りを取り入れたキャンペーンを展開することで、地域住民との関係性を築き、ブランドの認知度を高めることが可能です。

文化的なギャップを理解する

異文化間のギャップを理解し、それに適応することは海外マーケティングにおいて必須です。

例えば、海外ではジェンダーやダイバーシティに対する感度が高く、これらを尊重したコンテンツ作成が求められます。また、地域によっては動物愛護が重視されるため、事業内容にもよりますが、ヴィーガンやサステナビリティへの取り組みを前面に出した商品が効果的な場合もあります。

日本企業ならではの強みを作る

日本の文化や製品が持つ独自性を武器にすることも重要です。

日本の伝統や美学を取り入れた商品デザインやマーケティングは、特に欧米市場で好感を持たれることも多く、現地の企業との大きな差別化に繋がります。

法律を理解する

各国にはSNSの利用に影響を与える独自の法律や規制が存在します。

例えば、一部の国では特定のSNSが政府によって規制されている場合があります。新しい市場に進出する際は、その国の法律を事前に把握し、遵守することが必要です。

ネイティブの力を借りる

現地の文化や言語を完全に理解し、適切に対応するには、現地の専門家やネイティブスピーカーに依頼することが一番の近道です。

言語のニュアンスや文化的な違いを適切に理解し、地元の消費者に受け入れられるコンテンツを作成することができます。

海外SNSマーケティングの課題

海外 SNS マーケティング 課題

海外市場でのSNSマーケティングは多くの可能性を秘めている一方で課題も存在します。これらの課題を理解し、適切な対策を講じることが重要です。

結果が得られるまでに時間がかかる

海外のSNSマーケティングでは、ターゲット市場に合わせたブランド認知の構築やコミュニティ形成には、やはり時間が必要です。

また、地域によるSNSの使用頻度やユーザーの行動パターンの違いを理解し、それに適応するための戦略を練る必要があります。そのため、長期的な計画と持続的な努力が不可欠となるでしょう。

オーガニック投稿だけでは効果が出ない

単にコンテンツを投稿するだけでは、目に見える成果を出すことが難しいです。

効果的なSNSマーケティングを行うためには、日々の投稿だけではなく、広告運用との連携が重要と言えるでしょう。ターゲットに適した広告を用いてリーチを広げ、オーガニック投稿と併用することで、より高いエンゲージメントとコンバージョン率を達成することが期待できます。

すぐに売上に繋がらない

SNSマーケティングはすぐに効果が出るように思われがちですが、直接的な売上げに繋がるまでには時間がかかります。

ブランドの認知度を高め、信頼を築くための手段として考え、中長期的な視点で戦略を立てることが重要です。

言葉や文化の壁が高い

前述したように、やはり一番大きな壁と言えるのが、言語や文化的な背景や価値観の違いと言えるでしょう。

AIや翻訳ツールでは捉えきれない細かなニュアンスや文化的な意味合いを理解するには、その地域の文化に精通したプロの意見を参考にする、または、現地のネイティブに依頼することも賢い手段です。

シェイプウィンは、カナダのバンクーバーに支店を置いており、現地でネイティブスピーカーのPRスペシャリストも在籍しています。特に北米にアプローチしたいと考えている方は、お気軽にご相談ください。

よくある質問

海外 SNS マーケティング よくある質問

海外のSNSで流行っているサイトは?

幅広く人気のあるSNSには、やはりFacebook, Instagram, TikTok, Twitter, LinkedInなどのプラットフォームで、特にInstagramとTikTokは若年層を中心に急速にユーザー数を増やしています。

また、WeChatやVKontakte(ロシア)、Line(アジア特に日本やタイ)など、地域特有のSNSも非常に人気です。

SNSマーケティングが上手い企業はどこですか?

ナイキ、 スターバックス、 Netflix などはSNSマーケティングが非常に上手い企業として知られています。

これらの企業は、独自のブランドストーリーを効果的に伝え、高いエンゲージメントを維持しています。また、彼らは顧客との対話を重視し、ターゲットオーディエンスに合わせた内容を提供しています。

海外のSNSで人気のあるものは?

海外で人気のあるコンテンツには、DIYやハウツー動画、インフルエンサーによるレビュー、リアルタイムのイベント中継、メイクアップやファッションに関する投稿などがあります。特にインタラクティブなコンテンツやユーザーが参加できるキャンペーンは、高い人気を博しています。

まとめ:異文化理解・カスタマイズ性が成功の鍵

海外 SNS マーケティング

グローバル市場で勝ち抜くためには、海外のSNSマーケティングが不可欠です。しかし一方で、異文化間の違いを理解し、各地域に合わせたカスタマイズされた戦略を立てることは容易でないと言えるでしょう。

カナダ・バンクーバーに支店を持つシェイプウィンでは、このような課題を解決するために、ネイティブスピーカーと連携しながら、SNSの運用代行ではなくSNSチャネルを活用した海外PRマーケティングをワンストップでサポートしています。

また、PRとデジタルマーケティングにも熟知している会社だからこそ、SNSだけの観点ではなく総合的な視点から企業のサポートを行っています。まずは相談からお気軽にお問い合わせください。

Picture of 編集部
編集部
広報PRとデジタルマーケティング支援をするシェイプウィンスタッフおよびパートナースタッフによる編集記事です。メディアリレーションズやプレスリリース、メディア露出、ソーシャルメディア、インフルエンサー、SEO、マーケティングなど様々なジャンルを取り扱っており、基本用語から広報初心者やマーケティング担当者に役立つ情報をお届けします。