fbpx
検索
Close this search box.

結果を出す企業PRとは?成功事例も含めて一から解説!

企業PR

PR活動の成果が出ないのは、「企業PR」の本質を理解してないからかもしれません。

企業PRの担当を任されたものの、「そもそも企業PRと商品PRの違いがわからない」「プレスリリースは配信してみたものの、メディア掲載に繋がらない」と悩む広報担当者も多いのではないでしょうか。企業PRは、プロモーションPRや商品のPRと根本的に異なる目的や性質を保つため、具体的なPR活動に取り組む前に、まずは企業PRの本質を理解する必要があります。

この記事では、成果を出す企業PRのポイントや、今の時代だからこそ取り組みたい動画PRの基本的な手法まで、実際の成功事例も含めて解説していきます。企業PRのテクニックを学び、結果を出す企業PRを身につけていきましょう。

PR会社の業務内容や広告代理店との違いはこちらで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。
関連記事:PR会社とは?広告代理店との違いからPR会社の選び方まで解説

企業PRとは

企業PRとは

企業PRの領域は単なる商品やサービスの宣伝を超えて、社会との関係構築やブランドイメージの向上、企業を取り巻くステークホルダーとの長期的な信頼関係を構築することなどの目的が含まれています。

まずはじめに、企業PRの重要性や言葉の意味、そして目的について解説していきます。

企業PRが重要な理由

企業PRは、製品やサービスを伝えることはもちろん、それ以上に企業理念を通じて社会と深い信頼関係を築くことに価値を置きます。製品の販売を直接的に促すものではなく、むしろ企業の価値観を伝え、多様なステークホルダーに企業の本質を理解してもらうことに焦点を置き、企業のファンベースを拡大していきます。

多くの消費者は単に製品の機能性や価格だけでなく、企業が持つ社会的責任や倫理的価値に基づいて購入を決定しているとも言われています。そのため、企業PRを通じてファンベースを拡大していくことは、消費者の購買意思決定に大きな影響を与え企業の総合的な成功に繋がると言えるでしょう。

PRとプロモーションの違い

PRとプロモーションは、手法や目的の面において大きな違いがあります。

PRはステークホルダーとの関係構築や意見の交換など、双方向のコミュニケーションに重点を当て、企業のイメージやブランド価値を高めることを主な目的としています。一方プロモーションは、一方向的なメッセージ伝達に重きを置き、製品やサービスの販売促進に注力することで、短期的な売上向上を目的とします。

このようにPRとプロモーションは根本的な手法や目的が異なるため、それぞれの違いを理解し企業の目的に合った戦略を練ることで、企業の売り上げ向上と同時にブランドの信頼性を築くことに繋がります。

関連記事:広告と広報PRの違い

企業PRと商品PRとの違い

次に商品PRについてですが、上の章で説明したPRの特徴を捉えつつ、特に「商品」においてブランドや製品のストーリーや価値、特徴を伝えることに重点を置きます。一方で企業PRは、名前の通り「企業」全体のイメージや価値観を形成し、ステークホルダーとの長期的な信頼関係を築くことに重点を置きます。

商品PRは、特定の製品やサービスに注目を集め、その特徴や利点を強調することに焦点を当てている一方、企業PRは会社の文化や社会的責任に対する取り組みなどを伝えることでブランドを構築することを目的としているため、企業PRと商品PRにおいても焦点や目的に大きな違いがあります。

両者は相補的な役割を果たし、総合的なマーケティング戦略の中で重要な部分を占めていますので、それぞれの目的を理解し戦略的なPR活動に取り組むことが重要です。

企業PRにおけるステークホルダー

企業PRを成功させるためには、多様なステークホルダーとの良好な関係構築が不可欠です。ここで指すステークホルダーには、メディア、消費者、株主、従業員、行政・金融機関、取引先、地域社会などが含まれます。

そして、各ステークホルダーのニーズや特徴は異なるため、それぞれに合った戦略的な企業PRを推進していくことが大切です。適切なPR戦略は、結果として多様なターゲット層との良好な関係性を構築し、ファン層の獲得や企業の信頼性を高めることに繋がります。

企業PRのメリット

企業PRのメリット

企業PRを行うことで、企業にとって多くの恩恵を受けることができます。一例を挙げるとすれば、企業のブランドイメージが向上することで市場での認知度向上に繋がり、新たな顧客獲得や既存顧客のロイヤルティが向上するなどです。

この章では、企業PRを通じて具体的にどのようなメリットが期待できるのかについて具体的に紹介していきます。

自社の魅力を発信できる

企業PRは、自社の独自性や強みを広く伝える絶好の機会です。製品やサービスだけでなく、企業文化やビジョン、社会的責任など、会社の多面的な魅力を発信することができます。基本的なことではありますが、企業PRを通じて、そもそも自社の魅力を発信できるという点は大きなメリットと言えるでしょう。

独自の魅力を積極的に発信していくことで、ブランドの独自性を強調し、顧客との深い繋がりを築くことができます。このような包括的なコミュニケーションは、顧客との深い繋がりを築き、企業の製品やサービスに対して単なる消費を超えた信頼関係を育みます。

知名度の向上に繋がる

適切な企業PRは、企業の知名度を向上させることにも繋がり、新規顧客の獲得、既存顧客の維持、さらには投資家やパートナーからの信頼獲得にも寄与します。このように、知名度の向上は、長期的なビジネス成長と競争上の優位性をもたらす一因と言えるでしょう。

また、これらのメリットに加えて採用の面においても効果が期待できます。知名度が上がることで採用市場での競争率を高め応募数増加に繋がるのはことはもちろん、企業の理念や事業目的などを適切PRすることで、優秀な人材が集まりやすくなり、採用プロセスのコストと時間を削減することができます。

ブランド構築に繋がる

企業PRは、ブランド構築においても重要な役割を担っています。企業PRが適切に行われることで、消費者、株主、従業員などあらゆるステークホルダーとの良好な関係を構築し、ブランドロイヤリティを築くことができます。

また、独自のストーリーを上手くPRすることで競合他社との差別化を図り、市場における独自性を築くことができます。これは、顧客は単に製品やサービスを購入するだけでなく、自信がブランドの一員としての商品やサービスに対してアイデンティティを感じるようになり、消費者の購買決定に影響を与える重要な要素となります。

コストを削減できる

PR活動はブランドイメージを向上させることで、マーケティングコストを削減することにも繋がります。良いブランドイメージは、顧客のエンゲージメントを高め、口コミなどを通じた自然な宣伝効果を生み出します。

また、良いブランドイメージや共感性の高い企業文化の発信は、外部のステークホルダーだけでなく社内の従業員にも良い影響を与え、結果として企業全体の効率と成果を向上させることにも繋がります。

従業員エンゲージメントが向上することで、離職率の低下や生産性向上、さらには自社の製品やサービスの情報発信を自ら広告塔となり情報発信を行うことに繋がります。従業員が顧客に対して企業のビジョンや目標に共感し自らが伝えることは、直接的な企業PR以上にブランドの信頼性と認知度を高めることに繋がるでしょう。社内報や社内イベントなどを通じて、適切に社内に向けた企業PRが行われることも重要な活動と言えます。

企業PRで成果を出すポイント5選

企業PRで成果を出すポイント5選

これまでの内容を踏まえ、企業PRで成果を出すためには戦略的なアプローチが必須です。企業の事業目的やマーケティング戦略との整合性を考慮することや、幅広く社内の部門と連携することで、より効果的な情報発信を行うことに繋がります。

ここでは、企業PRで成果を出すためにはどのようなポイントを抑える必要があるのか、5つのポイントを紹介します。

ターゲットを意識した目標設定

企業PRを推進するためにまずはじめに重要な事は、ターゲットを意識した明確な目標設定
です。はじめの目標設定を丁寧に行うことで、多様なステークホルダーに対してそれぞれのニーズに響くアプローチ戦略を練ることができます。

例えば、若年層をターゲットにする場合は、SNSを活用したキャンペーンが有効であり、より成熟した市場を対象とする場合は、詳細な情報を提供するプレスリリースやWEBサイトの更新などのメディア戦略が適しています。このようにターゲットに応じた目標設定は、企業のリソースを最適に活用し、PR活動の成果を最大化するための基盤となります。

KPI・KGIの設定

データを上手く活用した具体的なKPI(主要業績評価指標)とKGI(主要目標達成指標)の設定は、企業はPR活動の効果を具体的かつ客観的に分析でき、必要に応じて戦略を調整することが可能になります。

KPIは、ウェブサイトのトラフィックやソーシャルメディアのエンゲージメントといった具体的な数値でPR活動のパフォーマンスを測定します。

一方、KGIは、ブランド認知度の向上や市場シェアの増加など、より広範な目標の達成を評価します。これらの指標を定めることにより、PR活動が企業の全体的な目標にどのように寄与しているかを明確に把握することができます。

スケジュール立案

PR戦略を成功させるためには、計画的なスケジュール立案が必須です。PDCAサイクル(計画、実行、測定・評価、対策・改善)を効率的に回すことで、PR戦略の精度を高めることができるでしょう。

例えば新製品を発売する際、いきなりニュースリリースを配信するのではなく、明確なゴールを設定した上で、事前のティーザーキャンペーン、本格的な発表、その後のフォローアップなど、各段階における具体的なアクション計画を立案します。こうした体系的なアプローチは、PR活動の成果を最大化するために不可欠です。

各種ツールの連携

PRのスケジュールを立案した上でそれぞれが単発的なPR活動にならないよう、様々なコミュニケーションツールを連携することも重要です。具体的にはソーシャルメディア、ウェブサイト、プレスリリース、イベント、メディアアウトリーチなどが含まれます。企業のメッセージを一貫して伝えるために複数のツールを統合することで、より広い範囲にリーチすることができます。

例えば、ソーシャルメディアを活用したキャンペーン施策に取り組む際、単にSNSで情報を発信するのではなく、そこにより詳細が記載されたウェブサイトへの誘導を促したり、プレスリリースへの連携も行うことで、興味を持った人が自然と情報を掘り下げていく動線が作られていきます。

多様なツールを相互に補完し合いながら、広範囲のステークホルダーにリーチすることで、消費者のアクションに繋げたりブランドの認知度を高め、企業からのメッセージを最大化していくことに繋がります。

効果測定

最後に設定されたKPIとKGIに基づいて、PR活動の効果を検証をすることが大切です。具体的には、ソーシャルメディアのエンゲージメント率、ウェブサイトのトラフィック、メディアカバレッジの量と質など、様々な指標を分析します。効果測定は、PR活動が目標に合っているかどうかを確認し、必要に応じて戦略を調整するために非常に重要なものです。

そして効果測定は、広報部門だけで取り組むのではなく、マーケティング部門や人事部門、IR部門など、多岐にわたる部署と連携を図ることで、より精度が高くなります。

一つひとつのPR活動が会社全体にどのような影響があったのか、各部門と連携しながら効果測定に取り組むことで、より俯瞰的にPR活動の現状を把握することができるでしょう。

ダイレクトにアプローチを図る企業PR方法

ダイレクトにアプローチを図る企業PR方法

それではここから、具体的にどのようなPR手法があるのかについて紹介していきます。

デジタル時代においても、ポスターやCSR冊子の活用やイベントの開催など、伝統的なPR物をフックに、ダイレクトにアプローチを図る企業PRも重要な役割を果たします。これらのPR方法を戦略的に利用することで、今の時代だからこそターゲットに深い印象を与えることができるでしょう。

それでは具体的にどのような方法があるのか、それぞれの特徴と利点について掘り下げていきます。

ディスクロジャー

ディスクロジャー資料の作成は、企業の透明性と信頼性を高めるために重要です。株主や投資家に対して、財務状況、経営戦略、市場の動向などの重要情報を提供することで、企業の説明責任を果たし、信頼関係を構築します。

このようなコミュニケーション活動は、投資家や市場アナリストが企業を評価する際の重要な情報源となるため、非常に重要な役割を果たすと言えるでしょう。

CSR冊子

CSR冊子は、企業の社会的責任や持続可能性への取り組みをアピールする重要なツールです。環境問題への対策、地域社会への積極的な貢献、従業員の幸福の向上など、様々な分野での企業活動を通じて、社会へのポジティブな影響を明確に示すことができます。

特に、ESG投資の増加やSDGsへの関心の高まりが加速している中、企業が持続可能な社会の構築に向けてどのように社会に貢献しているかを示すことは、ステークホルダーとの信頼関係を強化し、企業ブランドの価値を高める上で重要です。

企業カレンダーやポスター

企業カレンダーやポスターなど、物理的に手元に残るアイテムは、一年中ステークホルダーの意識の中に接触することができます。

また、これらのアイテムは年末年始などの挨拶回りに使用することで、メディアや顧客との接触機会を増やし、企業の良い印象を与えることにも繋がります。

イベントの開催

イベントの開催は、メディアや主要なステークホルダーとのリレーションを構築する絶好の機会です。メディアに対して企業の活動を直接的に伝えることができ、ストーリー性を持って情報を伝えることで、より良い報道が期待できます。

特に製品発表や記念イベントは、メディアの関心を引きつけやすく、ブランドのポジティブなイメージを作るのに効果的です。これらのイベントでは、ライブデモンストレーション、Q&Aセッション、関連する展示物などの準備をするとより効果的です。

オンラインを活用した企業PR方法

オンラインを活用した企業PR方法

スマートフォンの普及やコロナ禍においてオンラインの普及が急速に進んだ中、企業PRにおいても、オンラインを活用したウェブサイトやソーシャルメディア、WEB広告などのPR手法は非常に重要な役割を果たしています。

これらのオンラインツールを総合的に活用し、一貫した企業イメージを構築することも企業PRの成功への鍵と言えるでしょう。それでは次に、オンラインを活用した企業PRの方法について詳しく見ていきます。

WEBサイト

企業のウェブサイトはオンラインPRの中核をなし、訪問者に対して企業のイメージを形成する最初の接点となります。企業はウェブサイトを通じて、企業理念やビジョンをはじめ、製品やサービスの詳細、成功事例などを通じ、企業の強みを発信することができます。

また、ウェブサイトは24時間体制でアクセス可能なため、顧客やステークホルダーに対して、企業のメッセージを常時提供できる重要なツールです。

また、オウンドメディアやニュースセクションを活用して、業界のトレンドや企業の最新動向を定期的に更新したり、SEO(検索エンジン最適化)戦略を適用することで、潜在顧客の検索クエリに対して企業のWEBサイトが上位表示され、より多くのトラフィックを獲得することが可能になります。

このように、企業のWEBサイトは、デジタル時代における企業コミュニケーションの核心となる存在であり、ブランド認知の拡大と顧客基盤の強化を図ることが可能です。

SNS

Facebook、Instagram、TikTokなどのソーシャルメディアは、企業が直接消費者とコミュニケーションを取るための効果的な手段です。そして、これらのプラットフォームを使用する際には、各SNSのユーザー属性に合わせたコンテンツの作成が求められます。

例えば、若年層に人気のInstagramでは、魅力的な画像や短い動画を活用し、視覚的に訴えるコンテンツを提供することが効果的です。一方でFacebookは、広い年齢層に利用されており、製品の詳細情報やユーザー体験を共有するのに適しています。

また、インフルエンサーの活用は、特定のターゲットにリーチし、ブランドメッセージを広く拡散させる有効な手段です。インフルエンサーによる製品の紹介やレビューは、従来の広告よりも信頼性が高く、フォロワーに対して強い影響を与えることができます。インフルエンサーとのパートナーシップを通じて、企業は自社製品やサービスの認知度を高めるとともに、新たな顧客層にPRすることが可能になるでしょう。

プレスリリースの配信

プレスリリースの配信は、新製品の発売、重要なイベント、業績更新など、企業の最新情報を広範囲に伝える基本的な手法です。プレスリリースは、企業のニュースを正確かつ魅力的に伝えるとともに、ブランド認知度の向上に寄与します。

そして、プレスリリースは単に作成して配信するだけではなく、アプローチ方法を工夫することで、より多くのメディアに興味を持ってもらうことができます。そのうちの一つの手法として挙げられるのが、『記者クラブでの投げ込み』です。

以下の記事では、プレスリリース配布の手段として有効な記者クラブとは何か、どのようなしくみで取り上げられるのか、実際に都庁の記者クラブに『投げ込み(プレスリリースを持参すること)』をする方法を紹介しています。

WEB広告

WEB広告は現代の企業PRにおいて非常に効果的なツールです。ターゲットオーディエンスに直接アピールする能力は、特定の製品やキャンペーンの認知度を高めるのに役立ちます。

具体的には、Google広告などの検索エンジン広告、Facebook広告などのソーシャルメディア広告、バナー広告などです。これらを戦略的に活用することで、特定のユーザーグループをターゲットにした広告キャンペーンを展開し、広範囲のオーディエンスにリーチすることができます。

またWEB広告の効果は、ROI(投資収益率)やコンバージョン率など、具体的なデータを通じて測定し戦略を調整することが可能です。このように、WEB広告はコスト効率の良い方法で企業のPR目標を達成するのに役立ちます。

また、ターゲティング機能を用いることで、特定の興味や行動を持つユーザーにリーチすることができます。動画広告、インタラクティブ広告、ソーシャルメディア広告など、様々な形態の広告を通じて、企業は独自のブランドストーリーを魅力的な方法で伝えることができます。費用がかかるため一見取り掛かりづらいWEB広告も、戦略的に活用することで、PR活動を最適化することができると言えるでしょう。

動画を活用した企業PR

動画を活用した企業PR

前章ではオンラインを活用したPR方法について紹介してきましたが、その中でも特に、ソーシャルメディアが普及し、動画コンテンツは企業PRにおいて不可欠なツールとなっています。

動画は、複雑な情報を分かりやすく伝え、視聴者の感情に訴えかけることが可能なため、消費者の記憶に残りやすく効果も期待できるため、企業のPR動画作成に取り掛かりたいと考えるPR担当者も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に自社で企業PR動画を作成するためには、どうすれば良いのかわからないという相談を受けることも多々あります。この章では、動画を活かした企業PRについて紹介していきます。

今企業PRに動画が大事な理由・メリット

現代の消費者は情報を迅速かつ効率的に消化するため、動画は企業PRにおいて極めて効果的なツールとなっています。その点、動画は企業の情報を視覚的で早く情報を伝えながら、ブランドストーリーをより豊かに表現することが可能です。

また、SNSを活用することで簡単に動画を共有することができるため、作成した動画を広範囲のステークホルダーにリーチすることができます。これにより、ブランドの認知度の向上、エンゲージメントの増加、そして最終的には売上の向上にも影響を与えていくと言えるでしょう。

拡散される企業PR動画を作成するコツ

まずは、明確なターゲットの設定が重要です。ターゲットに合った企画を立て、視聴者の興味を引きつけるような、話題性のある企画を用意することが求められます。また、ストーリーの作成は、企業ブランドとの深い繋がりを築くのに重要な部分です。

そして、視覚的な要素、音楽、ナレーションなど、様々な技術的要素を上手く組み合わせることで、魅力的で説得力のある動画を制作することができます。また、短くて簡潔な動画は視聴者の注意を引き付けやすく、特に話題性やユーモアを取り入れることで、視聴者の関心を引き拡散されることが期待できると言えるでしょう。

具体的な企業PR動画の作成方法

まずはじめに、企業PR動画の制作には計画的なスケジュール立案と適切な機材の準備が必要です。現代ではスマートフォンでの撮影でも、高いクオリティを保つことができます。そして、市場の動向や競合他社の動画を研究しながら、動画のイメージを絵コンテなどを活用して定めていきます。

次に、動画のスクリプトの作成、適切なロケーションの確認、音楽やナレーションの決定など、具体的な制作プロセスに入り、撮影後は編集プロセスに移ります。そして配信前には、コンプライアンスの確保も重要です。動画が社内のガイドラインや業界の基準に沿っていることを確認することで、ブランドのイメージと整合性を保ちます。

これらのフローを経て作成された動画は、ソーシャルメディア、企業のウェブサイト、イベントなど、さまざまなPR機会をフックにシェアしていくことで、多様なステークホルダーに向けて企業のメッセージを最大限に伝えることができます。

関連:Tverを使用しての広告制作

企業PRにおける注意点

企業PRにおける注意点

企業PRを実施する際、注意すべき点がいくつかあります。せっかく様々なツールを使用してPRを進めてきたものの、その方向性が誤っていたりコンプライアンスが確立されていなければ、企業のファン離れなど逆効果になることも。

次に、企業PRにおいてどのようなことに注意すべきなのか紹介していきます。

マーケティング部や経営部門と協働して施策を練る

企業PRの成功には、マーケティング部門や経営部門との協力が必須です。企業全体の戦略とPR戦略が連動していることは極めて重要です。マーケティング部門は、市場のトレンドや顧客の洞察をPR戦略に組み込むことで、企業からのメッセージがターゲットに適切に届くサポートを行ってくれます。

また、経営部門は企業のビジョンや長期的な目標を定め、PR活動がこれらの目標と一致するように方向付けを促す役割を担います。それぞれの部署と共同で戦略を策定し、実行することで、PR活動が企業の全体的な目標に貢献するようにすることが重要です。

企業としてのUSPを検討する

企業PR戦略の策定において、企業のユニークセリングポイント(USP)の特定は不可欠です。USPは、企業が競合他社と差別化するための独自の強みや特徴であり、顧客がその企業を選ぶ理由となります。企業がUSPを明確にしPR戦略に組み込むことで、より効果的なPR活動を行うことに繋がります。

USPを明確にすることにより、企業は特定のターゲット市場に対してより魅力的なメッセージを提供することができ、最終的には顧客ロイヤルティと市場シェアの向上に繋がります。

ステルスマーケティングの理解

ステルスマーケティングは、製品やサービスの宣伝を明示しないマーケティング手法で、日本でも令和5年からステルスマーケティングが適用されました。特にインフルエンサーを活用する場合に注意が必要で、インフルエンサーやブロガーが支払いを受けて製品を宣伝する場合、その関係を公開することが義務付けられています。

広報担当者をはじめ会社全体で、ステルスマーケティングについて正しくルールを理解し、効果的に製品やサービスを宣伝していくマーケティング戦略が求められます。

企業PRの成功事例

企業PRの成功事例

ここまで、企業PRの基礎から具体的な手法まで解説してきましたが、最後にこれらの手法をもとに成功している企業PRの事例について紹介していきます。

成功する企業PRの背景や戦略はどのようなことが隠されているのか?成功事例を学び、自社のPR戦略に応用していきましょう。

有名な事例

SNSを活用して「Share a Coke」キャンペーンを拡散!/Coca-Cola
Coca-Colaの「Share a Coke」キャンペーンは、ボトルに人々の名前を印刷し、消費者にソーシャライズされた体験機会を提供しました。

このアプローチは、消費者との直接的な繋がりを創出し、製品に個人的な感情を結びつけることに成功した例と言えるでしょう。消費者との対話を生み出し、ソーシャルメディアでの共有を促進したことで、ブランドの個性を強調し消費者の間で独自の話題を作り出すことに成功しました。

夏休み自由研究特集サイトで最多アクセス!/ベネッセコーポレーション
ベネッセコーポレーションは、長年にわたって蓄積してきた教育分野の調査実績を『ベネッセ 教育情報サイト』を運営しています。

夏休みシーズンには、多くの会社が自由研究のテーマ(ネタ)を情報発信しており、数ある自由研究特集サイトの中から選ばれるサイトを構築することが困難な中、シェイプウィンでサイトリニューアルのサポートを手掛けました。

当時のトレンドに合わせた定期的なウェブサイトの見直しや戦略的なアプローチが、結果としてウェブサイトへの最多アクセスを達成することに繋がりました。

・展示会オウンドメディアによるビッグワードSEOで2位獲得!/日本能率協会
従来、日本能率協会はビジネス研修のイメージが強く、展示会の主催企業としてのブランド認知が必要でした。

また展示会主催者には強力な競合が存在し、協会が主催する展示会の認知やUSPを訴求することも重要な課題でした。そこでシェイプウィンでは、日本能率教会の展示会ポータルサイト改修をサポート。展示会毎の開催レポートの投稿や、SEO対策など、ウェブサイトの運営を一から見直しました。その結果、ビッグワードで2位を獲得し、新たな層を開拓と各展示会への送客に繋げました。

まとめ

まとめ

この記事では、企業PRの基本から具体的な実践方法、そして実際の成功事例に至るまで幅広く解説しました。ここまでの記事で紹介してきた通り、企業PRは単なる製品やサービスの宣伝を超え、企業の理念や価値を伝える非常に重要なものです。

そして、企業PRを成功させるためにはPRとマーケティングの統合的なアプローチが不可欠であり、専門性と戦略性が求められます。シェイプウィンでは200社以上を支援したノウハウを活かし、PR、SNS、SEO、そして動画を活用したPRのサポートまで多様な分野を網羅した戦略的なPRのサポートを行っています。ぜひお気軽にお問合せください。

編集部
編集部
広報PRとデジタルマーケティング支援をするシェイプウィンスタッフおよびパートナースタッフによる編集記事です。メディアリレーションズやプレスリリース、メディア露出、ソーシャルメディア、インフルエンサー、SEO、マーケティングなど様々なジャンルを取り扱っており、基本用語から広報初心者やマーケティング担当者に役立つ情報をお届けします。