fbpx
検索
Close this search box.

海外で成功するWebマーケティング戦略: 日本との違い、海外で売れる仕組みづくりとは?

海外 WEB-マーケティング-1-1

日本からグローバル展開を挑戦する企業にとって、Webマーケティングを活用することは必須と言えるでしょう。ご存知の通り、日本と海外ではそもそもマーケティング市場に大きな違いがあるためです。

この記事では、カナダ支社を持つシェイプウィンの視点から、日本と海外のWebマーケティングの違い、そして海外で企業が成功するためのWebマーケティング戦略を一から紹介します。

まだWebマーケティングについて詳しいと言えないPR・マーケティング担当者の方は、まずはじめに冒頭の海外WEBマーケティングの基本から参考にしてください。

※本記事では、北米圏(アメリカ、カナダ)に特化して解説します。

はじめに知っておくべき海外WEBマーケティングの基本

海外 WEBマーケティング とは

海外Webマーケティングは、グローバル市場においてブランドの認知度を高め、成功を収めるための重要な戦略です。

インターネットの普及により、異なる国や文化圏の顧客にリーチし、商品やサービスを促進する機会が広がっています。まず初めに、Webマーケティングとデジタルマーケティングの基本的な違いや、なぜ海外進出においてWebマーケティングが重要視されているのか、Webマーケティングの基本を解説します。

海外WEBマーケティングとは?

海外Webマーケティングは、海外市場に向けて商品やサービスを宣伝し、顧客層を拡大するマーケティング活動を指します。

Webマーケティング:
インターネットを活用して行われるマーケティング活動の総称。これにはウェブサイトの運営、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディアマーケティング、電子メールマーケティング、オンライン広告(バナー広告、検索エンジン広告など)、コンテンツマーケティングなど、多岐にわたる手法が含まれる

海外Webマーケティングでは、ターゲット市場の特性を理解し、それに合わせて戦略を練ることが非常に重要です。

Webマーケティングは、企業が競争優位を築くための重要な手段で、広告、プロモーション、顧客とのコミュニケーションをオンラインで効果的に行うことができます。また、自社の提供する価値を明確に打ち出し、市場での見える化を図ることも可能になります。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは?

Webマーケティングは主にインターネットを使用したマーケティング活動に限定されますが、デジタルマーケティングはより幅広くアプリやIoTデバイスなどの活用を含む多岐にわたるマーケティング手法です。

デジタルマーケティングは、データを活用し、リアルタイムでの市場反応を把握することで、効果的な戦略を展開します。具体的には、ビッグデータを基にした洗練されたマーケティング戦略を行うことができるため、消費者の行動パターンや好みに応じたカスタマイズされた広告展開が可能となります。

海外進出においてWEBマーケティングの需要が高まっている理由とは?

現代のインターネット社会では、Webマーケティングは海外に向けて商品やサービスを推進する最も効果的な手段の一つとなっています。

海外市場への進出を考える企業にとって、Webを活用したマーケティングは、多様な顧客層にアクセスし、そのニーズに合わせたマーケティングを行うことが可能です。また、デジタルデータを駆使したターゲットマーケティングにより、コスト効率良く、そして戦略的に広告展開を行うことができるため、海外進出に際しての必要不可欠な戦略とされています。

このような背景から、海外でのビジネス拡大を目指す企業にとって、効果的なWebマーケティングの知識と戦略は必須と言えるでしょう。

海外でWEBマーケティングを活用するメリット

海外でのWebマーケティングの導入は、多くの企業にとってコスト面だけではなく、作業効率や情報発信のスピードなど、多様なメリットをもたらします。

次に、海外Webマーケティングの主な利点について詳しく掘り下げます。

コストが低く、スピード感がある

海外 WEBマーケティング メリット コスト

まず初めに挙げられる海外Webマーケティングの大きなメリットは、コストとスピード感です。

従来のマーケティング手法では、テレビCMや新聞広告などのマスメディアを通じた広告が一般的でしたが、高額なコストと時間を要しました。

しかし現代では、スマートフォンやパソコンを通じて、SNS、Web広告、オンラインコンテンツなどが情報源として主流になり、消費者は商品やサービスについての情報を手軽に入手し、比較や購入までをインターネット上で完結させることが多くなっています。

そのため、デジタルメディアを活用することで、企業は迅速かつ低コストでターゲット市場にアプローチでき、競争の激しい市場でも効果的に消費者にリーチすることが可能です。

データ収集ができる

海外 WEBマーケティング メリット データ

WEBマーケティングのもう一つの利点は、高度なデータ収集と分析能力です。

リアルな市場調査は多くの時間と費用を要しますが、Webマーケティングでは、訪問者の行動パターン、クリック率、購入履歴などのデータをリアルタイムで収集し、分析することができます。

このデータはマーケティング戦略を精緻化し、ターゲット顧客に合わせたカスタマイズされた広告キャンペーンを展開するための貴重な情報源となります。さらに、デジタルマーケティングの進化により、AI技術を利用して消費者行動を予測し、より効果的なマーケティング施策を実施することも可能になっています。

海外WEBマーケティングの基本的な3つの手法

海外 WEBマーケティング 手法

特にアメリカ市場では、マーケティングが他国に比べて数年先を行っていると言われています。

アメリカのような多様な人種が集まる市場では、競争が非常に激しく、効果的にターゲットに到達するための独自の手法が求められ、Webマーケティングも日々新たな手法が生まれています。

ここでは、海外で活用されているWebマーケティングの基本的な3つの手法を紹介します。

海外Webマーケティング手法①コンテンツマーケティング・SEO対策

コンテンツマーケティング

海外市場では、日本に比べてコンテンツマーケティングやSEOの活用が進んでいます。

これらを日本企業が活用する際は、ターゲット市場に合わせた適切な言語と文化的ニュアンスを理解することが重要です。

ここでは、海外対応の自社Webサイトの構築・更新、SEO対策、商品レビュー・口コミ、そして外国語コンテンツの制作について詳しく説明します。

海外対応の自社Webサイトの構築・更新

外国語Webサイトを活用することで、様々なオフライン施策と連携させ、マーケティングの中核的なハブとして機能させることができます。

例えば、展示会や広告媒体からの流入を外国語サイトに集中させることで、新規顧客の獲得と既存顧客の維持が効率的に行えます。このプロセスにおいて、Webサイトは常に最新の情報を提供し、ユーザーフレンドリーな設計が求められます。

SEO対策

自社Webサイトの構築した場合、SEOも非常に重要な施策となります。特に海外市場では、現地の言語でのSEO対策が必須です。

ターゲット市場が使用する検索キーワードに最適化されたコンテンツを提供することが、検索結果で上位にランクされる鍵となります。また、テキスト、画像、動画などのメディア形式を適切に組み合わせることで、より魅力的なコンテンツを作成し、ユーザーの滞在時間とエンゲージメントを向上させることができます。

ただ、海外のニュアンスや文化の違いを理解しながら作成することは難しいため、現地のスタッフや現地に詳しい企業にコンテンツを執筆してもらう依頼をすることも有効的な手段です。

商品レビュー・口コミ

海外市場における商品レビューと口コミは、消費者の購入決定に大きな影響を与えます。特に若い世代の消費者は、実際のユーザーの生の声を重視する傾向にあると言えるでしょう。

自社製品やサービスのレビューを積極的に集め、それを自社サイトや主要なレビューサイトに掲載することで、ブランドの信頼性を高めることに繋がります。また、各地域ごとに信頼されているレビューサイトを把握し、適切なプラットフォームに投稿する戦略が効果的です。

外国語コンテンツの制作

多言語に対応したコンテンツ制作は、海外市場でのブランド認知度を高める上で非常に重要です。

会社紹介、製品サービス紹介、ブログ記事、ソーシャルメディア投稿、動画、ホワイトペーパー、お役立ち資料など、多様な形式で情報を提供することで、さまざまな顧客のニーズに応えることができます。

しかし、気をつけなくてはいけないこととして、日本人の求める情報と海外の消費者が求める情報にずれがあるということです。

日本人の観点から商品やサービスのアピールしても、現地の人々に刺さらない可能性があります。そのため、ターゲット現地の人がどのような情報を求めているのかを十分に調査してコンテンツを作成することが重要です。

<コンテンツ例>
・企業プロファイルとビジョンの多言語紹介資料
・製品スペックとベネフィットの詳細ページ
・業界インサイトと製品レビューのブログ記事
・地域特化型ソーシャルメディアキャンペーン
・製品デモと企業文化紹介ビデオ
・業界課題解決のテクニカルホワイトペーパー
・利用最適化ガイドとヒントのインフォグラフィック

海外Webマーケティング手法②ソーシャルメディア対策

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、現代のマーケティング戦略において非常に重要な役割を果たしています。

2024年の最新データによると、書くソーシャルメディアの利用率は以下となっています。

SNS シェア率
・Facebook 64.46%
・Instagram 9.92%
・Pinterest 9.69%
・YouTube 7.5%
・Twitter(X) 6.7%
・reddit 0.86%

これらのプラットフォームは、潜在的な顧客と直接的にコミュニケーションを取るための強力なツールです。ここでは、特に海外向けに効果的なソーシャルメディア戦略に焦点を当てて説明します。

Podcast(ポッドキャスト)

海外でのポッドキャストの利用者数は近年増加しており、多くの人々が情報を得るためにポッドキャストを日常的に利用しています。

Edison Researchの「The Infinite Dial 2023」によると、アメリカでは成人の77%が過去にポッドキャストを聴いたことがあると報告されており、さらに、成人の43%が過去1ヶ月間にポッドキャストを聴いていると報告しています。

これらの結果は、ポッドキャストが様々な生活シーンで利用されていることを示しており、特に移動中やフリータイムにおける情報収集やエンターテインメントの手段として選ばれています。

ポットキャスト 利用率 世界
参照:https://chatgpt.com/c/eb96eec3-8278-4e2b-a45c-9b3c25d13d04

また、ポッドキャストは高度なターゲット広告が可能であり、広告主にとってはリスナーの興味やニーズに合わせた内容を提供しやすいことから、マーケティングツールとしても非常に効果的です。これらの特性が、ポッドキャストの利用者数と聴取頻度の増加に寄与しています。

海外向けSMSマーケティング

日本ではあまり見られませんが、海外でSMSマーケティングは非常に主流です。SMS(Short Message Service)とは、短いテキストメッセージをスマートフォンで送受信する通信サービスです。

SMSはメールマガジンに比べて即時性が高く、ほぼリアルタイムで顧客にテキストを送ることができるため、即時性が必要なお知らせや時間限定のお知らせに適しています。

日本では、SMSを送信する際には携帯電話のプロバイダーごとに異なる料金がかかり、これがマーケティング活動のコストを増加させる要因となっていますが、対照的に、カナダでは多くの携帯電話プランが無制限のテキストメッセージ送信を含んでいるため、追加料金なしでSMSを広範囲に活用できます。

そのため、カナダの企業はマーケティングオートメーションツールを組み合わせることで、顧客の過去の購買行動や好みに基づいてパーソナライズされたメッセージを送っています。

これにより、顧客体験のパーソナライズや顧客エンゲージメントの向上、タイムリーなプロモーションのマーケティング戦略を行っています。

海外Webマーケティング手法③広告対策

オンライン アドバタイズメント

海外でのWebマーケティングにおいて、効果的な広告戦略を展開することはブランドの認知度向上と売上拡大に直結します。

特にリスティング広告、コネクテッドTVを利用した広告、そしてリテール系ディスプレイ広告は、各々が独自の利点を持ち、ターゲット市場に合わせて最適化された広告を提供することが可能です。

最後に、海外の広告戦略について詳しく解説します。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンでユーザーが入力したキーワードに基づいて広告を表示するシステムです。

このタイプの広告は、ユーザーが購入意欲を持って検索を行っている瞬間にリーチするため、非常に高いコンバージョン率を持つことが特徴です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンで特に効果的で、これらのプラットフォームはユーザーの検索意図に最もマッチした広告を提供することができます。

アメリカ市場では、Googleが圧倒的なシェアを持っているため、リスティング広告は主にGoogleを通じて行うことが一般的です。各国や地域で流行しているキーワードに基づいて広告をカスタマイズし、地域に応じた文化的ニュアンスを反映させることが重要です。

参考:Search Engine Market Share United States Of America(2020年)

コネクテッドTVを使った広告

コネクテッドTV(CTV)広告は、スマートテレビやインターネットに接続されたデバイスを通じてストリーミングされるコンテンツに表示する広告戦略です。

この広告手法は、視聴者の視聴習慣や興味に基づいて広告をカスタマイズすることができるため、非常に高いターゲティング精度を誇ります。

CTV広告は、テレビとデジタル広告の利点を組み合わせた形で提供されるため、これまでのテレビ広告よりも効率的なリーチが可能で、特定のオーディエンスに直接訴えかけることができます。

リテール系(ベストバイ)のディスプレイ広告

リテール系ディスプレイ広告は、大手リテーラーが提供するデジタル広告プラットフォームを通じて展開されます。

ベストバイやウォルマートなどの店舗内ディスプレイやオンラインでのプロモーションスペースを活用することで、消費者が購買決定を行う直前のポイントで効果的に影響を与えることができます。

クッキーの利用規制が進んでいる現状を踏まえ、これらの広告は消費者の直接的な購買情報を基にしたターゲティングが可能となり、よりパーソナライズされた広告展開を行うことができます。

海外WEBマーケティングの流れと始め方

海外 WEB マーケティング やり方

ここまで海外のWebマーケティングについて解説してきましたが、そこからどのように日本企業がWebマーケティングを行うかが問題です。

ただ単に国内戦略を海外に適用するだけではなく、地域ごとの特性を理解し、それに合わせた戦略を展開する必要があります。

それではここから、海外マーケティングを始める際の4つのステップを紹介します。

①海外進出の目的を明確にする

海外Webマーケティングの実施において最初に行うべきことは、事業の国際展開における具体的な目的を明確にすることです。

具体的には、ブランド認知度の向上、市場シェアの拡大、新規顧客獲得、収益の増加などが含まれます。目的に応じて戦略が大きく変わるため、この段階でしっかりとした方向性を設定することが重要です。

②市場調査を実施する

次に、徹底した市場調査が必要です。具体的には、ターゲット市場の文化、消費者行動、法規制、競合分析などが含まれます。

市場調査を通じて、商品やサービスが市場に適合するかどうか、どのような販売戦略が有効かを判断します。しかし国内から調査をすることは少しハードルが高いので、現地の市場調査会社に依頼するか、オンラインでの調査ツールを利用してデータを収集すると良いでしょう。

③各ツールを活用しWEBマーケティングを実行する

市場調査の結果を基に、SEO、ソーシャルメディア戦略、コンテンツマーケティング、リスティング広告などの具体的なWEBマーケティング活動を計画します。

各国の消費者行動に合わせたキャンペーンを設計し、現地の言語でコンテンツを作成しましょう。また、現地の文化や法規制に適合した広告を展開することが重要です。

④効果測定を行う

マーケティング活動の効果を定期的に測定し、必要に応じて戦略を調整します。

効果測定では、Google Analyticsやその他のウェブ分析ツールを利用して、訪問者の行動、コンバージョン率、キャンペーンのROIなどをチェックするとよいでしょう。効果測定により、何が成功しているのか、どのように改善すべきかの洞察を得ることができます。

海外WEBマーケティングにおける課題

難しい

最後に、海外WEBマーケティングを行う際に気をつけるべきポイントや課題について解説します。

これらのデメリットを事前に踏まえた上で、海外WEBマーケティングの戦略立案を始めましょう。

国内と海外でマーケティングに大きな違いがある

ここまででも解説してきたように、海外市場では、文化、言語、消費者行動の違い、つまり海外マーケティング戦略に大きな影響を与えます。

例えば、広告やプロモーションでのコミュニケーション方法は、ターゲットとする地域によって大きく異なります。効果的な対策としては、現地市場の専門家やエージェンシーと協力し、地域に根ざしたマーケティング戦略を策定することが推奨されます。

地域に根ざしたマーケティング戦略によって、文化の違いや微妙なニュアンスの違いを理解し、適切なメッセージを伝えることが可能になります。

広告の捉え方・見せ方がちがう

日本では製品の詳細なスペックを強調する広告が一般的ですが、北米市場では顧客の抱える問題を解決する方法を提案する課題解決型の広告が好まれます。

例えば、海外で有名なファストフード「A&W」は、商品のハンバーガーの魅力や味にフォーカスするのではなく、A&Wが提供するバーガーを楽しむ様々な人々の共有体験に焦点を当て、ストーリーを作っています。

このような国内と海外の広告の違いに適応するためには、マーケティングメッセージを地域ごとにカスタマイズし、その地域の消費者が価値を見出すポイントに焦点を当てる必要があるでしょう。

現地顧客の対応が難しい

海外市場でのアフターサービスや顧客対応は、言語の障壁や地理的な距離、法律の違いなどから複雑です。

製品の故障や不良品の交換、使用方法の説明など、顧客からの要望に迅速かつ適切に対応することは、顧客満足度と直接関連します。この課題に対処するためには、現地の代理店やパートナー企業との協力関係を築くことが有効です。

また、多言語対応が可能なカスタマーサポートチームの設置や、オンラインでのサポートシステムの充実も考慮すると良いでしょう。時間に余裕がない方は、海外ビジネスの専門家からのサポートを受けることで、効率的かつ効果的な問題解決につながります。

まとめ:海外の文化やニュアンスの違いを理解したWebマーケティングが必須

海外 WEB マーケティング

ここまでで解説してきたように、「海外Webマーケティング」と一言で言っても、実際に企業が海外向けにWebマーケティングを展開する際には、ターゲット地域の文化、言語、市場のニーズを深く理解することが必須です。

しかし、これらすべてを自社でカバーするには、膨大なリソースと専門知識が必要になります。

カナダ・バンクーバーに支店を持つシェイプウィンでは、現地のネイティブスピーカーと連携しながら、海外進出を目指す企業のPR・マーケティングをワンストップでサポートしています。

また、SNS・PR・デジタルマーケティング、3つの視点を熟知している会社だからこそ、総合的な視点から企業のサポートを行っています。まずは相談からお気軽にお問い合わせください
シェイプウィンの海外北米PR支援のページを見る

Picture of 編集部
編集部
広報PRとデジタルマーケティング支援をするシェイプウィンスタッフおよびパートナースタッフによる編集記事です。メディアリレーションズやプレスリリース、メディア露出、ソーシャルメディア、インフルエンサー、SEO、マーケティングなど様々なジャンルを取り扱っており、基本用語から広報初心者やマーケティング担当者に役立つ情報をお届けします。