鮮度が命-刺身の写真
リードジェネレーションサイト

:PR・メディア露出ブログ

2020.04.30
神村 優介

広報・PRはどんな仕事をしているのか?

『広報担当者』と聞いてどんな仕事の内容を想像しますか? プレスリリースを書く人、マスメディアと折衝をする人、会社のブランディングをする人など様々なイメージがあると思います。 大手や中堅企業のみならずスタートアップ企業でも広報PRの担当者を置く会社が増えてきました。広報PRを担当する人、広報担当者を採用・抜擢しようと思っている経営者の方に向けて、広報PRの仕事はどんなものなのか、そ…

もっと読む

2020.03.23
梅下 武彦

【書評】進む、書籍PR!〜たくさんの人に読んでほしい本があります(著者:奥村知花/PHP)

かつて友人が主催していた読書会に、現在では立命館アジア太平洋大学学長となられている出口治明さん(当時、ライフネット生命保険会長)においでいただき、読書についての貴重な体験談をうかがう機会がありありました。 読書はもとより、人生の達人である出口さんの発する言葉はどれも人を頷かせるだけの力があるのですが、そのなかでも一番印象に残っている言葉のひとつに「ほとんどの人間は偶然に左右されて…

もっと読む

2020.02.18
神村 優介

広報担当者採用における失敗談——スタートアップ編

新年度に向けて企業規模問わず採用活動に本腰を入れていくシーズンになって来ました。シリーズA〜IPO前のスタートアップ企業では、広報の専任担当者を新たに置くことが多いと思います。シェイプウィンが広報組織の構築支援をする中で最近特に多いのが、『広報の採用』です。 採用広報ではなく、広報担当者の採用です。 創業期・シード期は、社長や創業者が広報を兼任しているケースが多いで…

もっと読む

2020.02.04
今村みづき

新設のアワードイベント「サブスク大賞」が多くのメディア取材を実現したコツとは

※出展:グランプリ受賞企業『トラーナ』様オフィシャルフォト “サブスク(サブスクリプション)”というワードをご存知でしょうか? 有名どころだと、NetflixやSpotifyなどの月額で映像や音楽が見放題・聴き放題できる“定額制使い放題サービス”で、エンタメ系以外でも飲食や服飾など様々な業界で同形態のサービスが広がっている注目のサービス形態です。 20…

もっと読む

2019.12.23
重谷 敬代

メディアが興味を持つ広報パーソンの特徴『客観性』と『世界観』

なかなかプレスリリースを送っても問い合わせが来ない。プレスリリースを編集部や記者に見てもらえたが、興味を持ってもらえない。メディアへのアポ取りもうまく行かない。プレスリリースやメディアとの関係作りについて悩みを持った広報PRパーソンは結構いらっしゃるのではないでしょうか?広報PR活動で最初に行き詰まるのは、ほとんどがこのポイントです。それはなぜでしょうか?答えは簡単です。メディアに興味を持ってもら…

もっと読む

2019.10.15
重谷 敬代

プレスリリースがなくてもメディア露出は可能?

私たち広報PRの専門家(コンサルタント)が受ける相談で特に目立つものは「どうすれば定期的にメディア露出・記事化することができるのか?」という質問です。過去にASCII.jp との共催セミナーにて、広報宣伝スキルアップセミナー第7弾『プレスリリースがなくてもできる広報PR教えます』【7/18セミナー開催】にて、この疑問に関してお伝えしたことがあります。プレスリリースをしたくてもネタ切れになっていてで…

もっと読む

2019.09.12
神村 優介

広報PRの『KPI』ってみんなどうしてる?

広報PRの専門家であるシェイプウィンでは、広報PRのKPI設定についてクライアントからアドバイスを求められることが多々あります。過去に、ASCII.jp共催 広報PRで成功するKPIの設定方法を伝授(2019/1/15)というセミナーを開催したところ、企業の規模によらずKPI設定について悩んでいるという広報担当者ばかりでした。広報PRにおける従来のKPIといえば、メディア露出した記事を広告の値段に…

もっと読む

2019.05.17
梅下 武彦

【書評】メディア不信〜何が問われているのか(著者:林香里/岩波新書)

いまほど、メディア関係者だけでなく、一般の人たちまでもがメディアについて考え、語り合い、そのかかえている課題についてさまざまに議論している時代はないだろうと思います。もちろん、これらメディアのなかにソーシャルメディアが含まれていることは、いまさら私が述べるまでもありません。本書を特長づけているのは、世界共通の課題であるメディア不信、ソーシャルメディアとポピュリズムについて現地滞在での取材や経験をふ…

もっと読む

2018.08.30
梅下 武彦

【書評】『メディア・リテラシー〜世界の現場から』(菅谷明子:岩波新書)

フェイクニュース、ポスト・トゥルース時代と言われる今日、もし、メディア・リテラシーについてあらためて考えたいあるいは入門書的な本を読みたいと思っている人がいるなら、私でしたら本書を薦めます。2000年に発売された新書で今日となっては古い本ですが、すでに18刷も版を重ねているほどのロングセラーなので、もちろん既読の人が多いことは重々承知しているのですが、今回はあえて本書をご紹介いたします。 …

もっと読む

2017.01.24
梅下 武彦

【書評】『メディア・コミュニケーション[入門]〜対応から活用へ』(ウィリアム・ J・ホルスタイン:ファーストプレス)

毎日平均14点。年間約5,000点の新刊ビジネス書が刊行されています。 ビジネス書は実に短命です。半年もすれば陳腐化・劣化します。話題やベストセラーでもない限りほとんどの人たちに知られること、手にされることなく絶版リストで順番待ちとなります。 そうした消えていったり知られなかったりした中にも、いま読んでもヒントが詰まっている本はあります。今回は、そうした中から紹介し…

もっと読む

お問い合わせ・お見積もり

貴社の目的やゴールに応じてカスタマイズした広報PRマーケティングのプランをご提案いたします。

Webからのお問い合わせはこちら

icon お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

icon 03-5843-7901

コンサルティング・プランニング等ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:10:00〜18:00(平日)