鮮度が命-刺身の写真

:PR・メディア露出ブログ

2018.04.10
梅下 武彦

「言葉」の落とし穴ーーイノベーションについて思うこと(後編)

前編では、イノベーションについて、私見として下記の3点をあげました。 (1)イノベーションは技術革新だけを表す言葉ではなく、企業活動をふくめた社会全体に関わることすべてについて適用されること。 (2)日本では、長らくイノベーション=技術革新という考え方がむしろ“有用”で、それによって大きな発展と成長を遂げてきたたこと。 (3)私個人は、イノベー…

もっと読む

2018.03.15
梅下 武彦

「言葉」の落とし穴ーーイノベーションについて思うこと(前編)

日ごろ何気なく使っていても、その真の意味を問われて一瞬どのように答えようかと戸惑うような言葉というものが、おそらく誰にでもあるでしょう。そうした言葉についてあらためて調べたり考えたりすると、思い違いや勘違いをしていたことを発見あるいは本来の意味やその本質について気づかされることがあります。 以前、「自己PR」という誤解と矛盾に満ちた言葉への違和感について記事…

もっと読む

2017.11.06
梅下 武彦

【書評】ジョブ理論〜イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

クリステンセン教授のこの最新刊、またも刺激に満ちています。8年と20年。前者は、同教授が破壊的イノベーション理論にかかった年月。後者は、本書のジョブ理論を精緻化するのについやした年数。 同教授の著書中、もっともマーケター向けの内容で、マーケティング関係者に限らずあらゆるビジネスパーソンが読むべき本だろうと感じます。 本書の原題は&ldq…

もっと読む

2017.01.10
梅下 武彦

【書評】『マーケティングのすゝめ〜21世紀のマーケティングとイノベーション』(フィリップ・コトラー/高岡浩三:中公新書ラクレ)

本書は、あのフィリップ・コトラー教授とネスレ日本CEO高岡浩三氏による共著。しかも、この10月の新刊で書店の平積みコーナーで見つけました。新書ですし、なんといってもランチの定食より安くて懐にも優しいですね(^_^)。 激変し進化し続けるマーケティングを旺盛な意志で追求しているコトラー教授、コーヒー市場の転換点にマーケティングで成長軌道をひた走るネスレ日本のC…

もっと読む

1
Pocket

お問い合わせ・お見積もり

貴社の目的やゴールに応じてカスタマイズした広報PRマーケティングのプランをご提案いたします。

Webからのお問い合わせはこちら

icon お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

icon 03-5843-7901

コンサルティング・プランニング等ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:10:00〜18:00(平日)