都市と人

ブランディングの方法に関する記事:PR・メディア露出ブログ

2020.02.25
梅下 武彦

書評-戦略の原理〜独創的なポジショニングが競争優位を生む〜要約

とても迂闊なことに、本書について私はまったく知りませんでした。ビジネス書だけで、毎年5,000点以上が洪水のように出版され、それらのなかで経営やマーケティングに関する戦略論で読むに値する著書に出会うことは極めて限られています。 本書は、偶然にも手にしました。独自性、ポジショニング、イノベーションを三位一体とした戦略論をテーマにしていることもあり、それだけで私はおお…

もっと読む

2019.08.05
梅下 武彦

【書評】独自性の発見〜ポジショニング戦略の要約(著者:ジャック・トラウト、スティーブ・リブキン/海と月社)

マーケティング戦略についての考え方は、ここ数十年のテクノロジーがもたらす急速な進展と変化の激しさ、さらには対応すべき業務領域も複雑に拡張し続けその重要度が増している現実に直面していることについて、異論をとなえる人はおそらくいないだろうと思います。こうした大激変や大転換にかかわらず、常に考え続けられている中核的なテーマがあります。顧客、ブランディング、差別化などです。顧客やブランディングについては数…

もっと読む

2018.10.12
梅下 武彦

【書評】欲望する「言葉」ーー「社会記号」とマーケティング(嶋浩一郎/松井剛共著:集英社新書)

言葉は、社会を映す鏡ともいいますし、こうもいえるでしょう。時代(世相)の気分を表現するものであると。言葉には、マーケティングでいうプロダクトライフサイクルがあります。リニューアルやモデルチェンジ、ロングセラー、コモディティ(日用品)化して生活に定着するものなどさまざまです。本書は、新しく生まれた言葉が社会や人々にどのように受容されーー著者たちのいう社会記号化するーーのか、それを手がかりに市場に関す…

もっと読む

2016.11.29
梅下 武彦

【書評】『ビジネスで一番、大切なこと~消費者の心を学ぶ』(ヤンミ・ムン:ダイヤモンド社)

今日、マーケティングコミュニケーションはICTの急速な進展により、日々変化しています。 もし、みなさんがマーケティングについて悩んだり迷ったりし、なにかヒントや示唆を欲しいと思ったとき、この本を手にすると良いでしょう。 扱っているテーマは、いわゆる「マーケティングの差別化」(Differenciation)についてです。 これはマーケティング戦略につ…

もっと読む

お問い合わせ・お見積もり

貴社の目的やゴールに応じてカスタマイズした広報PRマーケティングのプランをご提案いたします。

Webからのお問い合わせはこちら

icon お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

icon 03-5843-7901

コンサルティング・プランニング等ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:10:00〜18:00(平日)