メディアキャラバン

:PR・メディア露出ブログ

2020.01.21
Takuya

インフルエンサーマーケティングとミレニアル・Z世代(アメリカの調査結果)

1980年代から2000年頃までに生まれたミレニアル世代は、IT革命の到来を目の当たりにし、適応してきたデジタルパイオニアの世代です。それに続くZ世代は、1990年代後半から2000年代初頭に生まれ、物心ついた頃には既に世の中がデジタル化していたデジタルネイティブの世代です。 インターネットに馴染みのある若者世代が、今後ますます世の中の主役に躍り出し、長期に渡り消費行動を行ってい…

もっと読む

2019.11.25
梅下 武彦

ソーシャルメディアやコミュニティ運用者に最適なBiscuit(ビスケット)ーー「ブラウザの歴史が、また1ページ……。」

ここはやはり、かの『銀河英雄伝説』のナレーションに倣って次のように言っておくべきでしょう。「ブラウザの歴史が、また1ページ……。」私は、いまでもブラウザが大好きな人間です。2016年5月の「久々に新ブラウザが登場ーーVivaldiとBraveを早速試す」以来、実に3年半ぶりの新しいブラウザについてご紹介です。しかも、ソーシャルメディア時代に相応しい新しいブラウザの誕生といっても過言ではありません。…

もっと読む

2019.09.26
島恵子

海外のPRパーソンにはどんなスキルが求められている?

やっと日本でも「PR」や「広報」という言葉が浸透してきたように感じます。日本では、広報と言われてもどのような仕事なのかイメージしづらいという方も多いはずです。しかし、海外では一般的な職業・職種として広くビジネスパーソンに認知されています。では、その海外のPRパーソン(=PR Specialist)に求められるスキルとはいったいどんなものなのでしょうか? 広報PR分野で有名なアメリカの大学『USC』…

もっと読む

2017.02.28
梅下 武彦

【書評】『コンテンツマーケティング27の極意〜編集者のように考えよう』(レベッカ・リーブ:翔泳社)

コンテンツは重要だと理解をしていても、その継続的な取り組みは法人か個人かにかかわらず難しい課題です。これはイノベーションと同様ですね。 コンテンツという言葉自体、口コミと同様に新しい概念ではなくむかしから存在しています。しかし、“コンテンツマーケティング”という明確な意識と発想で「あれば理想的だが」から「必要不可欠」へと大きく転換し認…

もっと読む

2017.01.24
梅下 武彦

【書評】『メディア・コミュニケーション[入門]〜対応から活用へ』(ウィリアム・ J・ホルスタイン:ファーストプレス)

毎日平均14点。年間約5,000点の新刊ビジネス書が刊行されています。 ビジネス書は実に短命です。半年もすれば陳腐化・劣化します。話題やベストセラーでもない限りほとんどの人たちに知られること、手にされることなく絶版リストで順番待ちとなります。 そうした消えていったり知られなかったりした中にも、いま読んでもヒントが詰まっている本はあります。今回は、そうした中から紹介し…

もっと読む

2016.11.04
梅下 武彦

【書評】『ソーシャルメディア論〜つながりを再設計する』(藤代裕之編著:青弓社刊)

今回、PR業務だけではなくコミュニティ運営など広くコミュニケーションビジネスにたずさわる人たちに、読むことで気づきやヒント、示唆を得られる図書をご紹介いたします。PR活動にも密接に関わるソーシャルメディア(SNS)についてです。 SNS誕生から約15年 SNSが米国で誕生してからおよそ15年。 当時はそうした名称もなく、CGM…

もっと読む

お問い合わせ・お見積もり

貴社の目的やゴールに応じてカスタマイズした広報PRマーケティングのプランをご提案いたします。

Webからのお問い合わせはこちら

icon お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

icon 03-5843-7901

コンサルティング・プランニング等ご不明点はお気軽にお問い合わせください。
受付時間:10:00〜18:00(平日)