プレスリリースは鮮度が命

著者:神村 優介

刺身の写真

 

メディア露出は鮮度と旬

旬の話

プレスリリースの成功を左右するのは「タイミング」です。メディアに取り上げられるには、社会と自社のプレスリリースの「タイミング」がピタリと合致する必要があります。

昨年の春はスマホ決済が盛り上がり、そのトレンドに合わせてプレスリリースを打てたことでYahoo!ニュース、テレビ東京・ワールドビジネスサテライトまでメディア露出することができました。

他にもスマート家電、スマートウォッチ等の「スマート○○」の波が来ている時に出したスマート家電のプレスリリースも大きくヒットし、トレンドたまご、日本テレビPON!とテレビの取材も多く、今でも取材の引き合いが来ているほどです。

自社の商品やサービスが世の中で旬の時は、早く出せば出すほどプレスリリースもよく取り上げられます。

 

鮮度の話

プレスリリースのインパクトの強さが「鮮度」です。

小さな発表を繰り返しプレスリリースするよりも1つの大きなニュースとして発表した方が鮮度は高いです。

また、すでに発表したサービスはどうしても鮮度が落ちます。ニュースの鮮度を上げるには、活用シーン、新機能、データ分析等様々な切り口でニュースを作ることが大切です。

Webサービスでユーザーに飽きられないように、新機能や活用事例を次から次に提供していくことと同じです。

 

まとめ、ベーダ版でもプレスリリースは出せる

プレスリリースについて、旬の話と鮮度の話をしました。

旬を意識してメディア露出を図るためには、社会の話題をピックアップしたプレスリリースの作成と配信をすることが大切です。

鮮度を意識してメディア露出を図るためには、メディアに飽きられないように新機能、コラボ、活用事例等たくさんのニュースを積極的にメディアにアプローチすることが大切です。