新聞の見出しは最強である

著者:神村 優介

新聞の見出しは、プレスリリースのヒントに!

新聞の見出しは、何気なく目に留まるということが多いと思います。

この「何気なく目に留まる」要素にプレスリリースを作る時に重要なヒントが隠されています。

新商品のプレスリリースを書く時には、たくさんある機能・特徴をできるだけ多く伝えたいと思うのが作り手(メーカー側)の心理です。

たくさんのことを詰め込んだプレスリリースは、内容と同じくタイトルもたくさんの要素が詰まっており、長いタイトルになるのではないかと思います。

 

長いプレスリリースタイトルの例

ボタン一つ、音声で1日に何度もメモが取れる!そして、起動時間は0.1秒!
株式会社リリース、大人から子どもまで使えるiPhone用メモアプリ
2014年4月15日公開!

新聞の見出し

日経MJ新聞の見出し

参考:2014年4月10日 日経MJ

 

プレスリリースと新聞の見出しの比較

新聞の見出しを見てみると、非常に短い文になっていることがわかります。新聞は見出しだけ追っていくと大筋の内容がわかるようになっています。

編集者は読者を飽きさせないように、興味を引き、一瞬で内容がわかる見出しを考えています。

プレスリリースの段階でわかりやすい見出しを書いておけば、編集者も新聞へ応用することが容易になります。

また、プレスリリースは、タイトルの幅を変えたり、文字の大きさを変えることで多少多いタイトルの分量でも文書に入れることができます。しかし、新聞は文字の大きさや幅、高さは決められています。

プレスリリースを作る際には、30文字でタイトルを作る。一番の特徴だけのタイトルにする。等あえて、制約を入れて短いタイトルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。