マーケッターは広告屋ではない

著者:神村 優介

Marketing Promotion

 

マーケッターってどんな人?

マーケッターって響きはかっこいいですね。

マーケティングを行う人のことです。マーケティングとは簡単にいうと「売れ続けるしくみを作る人」であり、さらに細かい仕事の中に「商品の宣伝活動」があります。

宣伝活動をするときに出てくる人の中に「広告代理店」「制作会社」「PR会社」というジャンルの方々がいます。

これらの人を使って、効率よく宣伝をすることもマーケッターの仕事の一つです。

 

広告屋、販促屋はマーケッターと真逆。

マーケッターは「効率よく宣伝をする」ことが任務です。

効率のよい宣伝とは、低コストで最大限の認知・購買を促すことです。

広告屋、販促屋と呼ばれる人たちは、広告や制作物を売ることで売上を上げています。

つまり、クライアント(お客さん)にたくさんの広告宣伝の予算を使ってもらうことを勧めてきます。

華美な展示会、CM、大量のマス広告、ネット広告、店頭での販促物等…

  • マーケッター … 効率のよい宣伝を考える
  • 広告屋 … たくさんの提案でたくさんの予算を使う

この2点がマーケッターと広告屋の大きな違いです。

 

事業会社にはマーケッターが必要

宣伝活動をするときに広告代理店や制作会社にお願いすることは大事です。彼らがいないと広告出稿もできなければ、ホームページ等の制作物もできません。

しかし、宣伝活動のすべてを広告代理店にゆだねてはいけません。目的が違うからです。

マーケティングは自社で行い、宣伝活動の企画も自社内で行うことが大切です。

メーカー出身の私(神村)は、マーケティングや宣伝(PR,WEB等)の企画の支援を必要とする事業会社の方の力になれればと思っています。

※事業会社…メーカー、サービスプロバイダ等