広報を取り入れる会社が増加している訳とは?

著者:神村 優介

 

 

広報・マーケティングに関するメルマガ(2014年6月11日)

2014年6月11日にお送りした広報・マーケティングに関する動向をまとめたメルマガです。

 

★今月のメルマガインデックスです。

  • PRを取り入れる会社が増加している訳とは?
  • FBページとブログからチョイス!


広報を取り入れる会社が増加している訳とは?

景気回復のムードから新規の投資や広告予算の増加を感じていらっしゃる方も多いと思
います。今年の2月に電通から発表された広告費の統計でも、2013年の日本の広告費は
5兆9,762億円で、前年比101.4%と増加しています。広告費の増加に伴い企業の宣伝活動
が下半期も活発化することは間違いないです。

この統計は純広告についてですが、プロモーションの予算の使い方には変化があるよう
に感じます。5月に行われたWeb&モバイル マーケティングEXPOに出展し、ご来場者の
ニーズを伺うと、広告よりもPRに力を入れていきたいというニーズが多かったです。

 

パブリシティを使って客層を広げていきたいというニーズで、広報に力を入れる会社が
増えています。

広報・PRを取り入れていきたいと考えている会社の方にお話を伺うと、「リスティングやSEO等をやってきたが、頭打ちになっている」というお話がありました。

リスティング広告やSEOでは、「スマホ 管理」や「セキュリティソフト」等で検索したい方へのみアプローチするため、ニーズのある方にしかアプローチできません。

一方、PRのパブリシティ(ニュース記事として紹介してもらえること)では、ニーズが明確化していない人にリーチすることができます。

たとえば、「社用スマホを配布するときに気をつけること」等のニュースで紹介されれば、今までスマホ管理アプリを知らなかった人にもアプローチでき、ニーズを喚起することができます。

また、パブリシティとリマーケティング広告(追いかける広告)と組み合わせることでユーザー獲得や見込み客の獲得の効率は上がります。

客層を広げ、効率良くマーケティングする場合はPRとWebマーケを組み合わせることが大切です。そのために、PRを強化し、毎月何かで取り上げられるようなPR活動を取り入れる企業はますます増加することになるでしょう。

月額10万でWBSと日経に出るPRコンサルティングの出展報告も併せてご覧ください。

 

FBページとブログで身近な出来事をご紹介!

 

いいね!お待ちしております。 
-> シェイプウィン公式facebookページ

最後までお読みいただきありがとうございました。