集客にリージェネサイトは使えるのか?

著者:神村 優介

リード収集に関するメルマガ(2013年8月7日)

Tech Target Japan  ITpro Active  ファインドイット

リードジェネレーションサイトの例です。
ITメディア、日経BP、インプレス等IT系のメディアが運営しています。

 

★今月のメルマガインデックスです。

  • 集客にリージェネサイトは使えるのか? 
  • ホワイトペーパーを活用した販売促進
  • 公式facebookページログ

 

■集客にリージェネサイトは使えるのか?

最近、雑誌出版社の方とお話する中で、

ITproActiveやキーマンズネットなどの見込み客獲得を目的とした
リードジェネレーションサイトでの広告出稿の方が人気。

という話題がよく出てきます。


リードジェネレーションサイトに自社のホワイトペーパーを掲載すると、
閲覧した人の個人情報を取得することができます。
直接、営業やセミナー集客ができるため非常に便利な広告手段です。

最近では、雑誌広告やニュースポータルサイトのバナー広告よりも
リードジェネレーションサービスを求める声が多いようです。
理由は、費用対効果が可視化しやすいからです。


そこで、リードジェネレーションサイトの利点・欠点をお伝えします。
 

リードジェネレーションサイトの利点

  • セミナー集客のためのリスト作りができる。(リストが枯れるのを防げる)
  • 直接エンドユーザーにアプローチ&情報収集できる。(マーケティングリサーチ)

リードジェネレーションサイトの利点

  • 同業種の人(スパイ)が閲覧しても課金されてしまう。
  • 一度見られるとリピートが少ない。

リードジェネレーションサイトは、自社商品の見込み客作りのヒントになると思います。ひ、ご活用ください。

※リードジェネレーションサイト:リードジェネレーション(見込み客の獲得)を行うサイトのことです。
※ホワイトペーパー:直訳では白書。マーケティングでは、課題解決や技術解説などをまとめた企業が作成する文書。

 

■ホワイトペーパーを活用した販売促進

ホワイトペーパーを活用した販促は、
BtoB商材のみで可能です。
特にIT系ではその役割は大きく、やり方次第では大きな効果が見込めます。

シェイプウィンでは、

・短期間でたくさんリードを集めるホワイトペーパー制作
・リードジェネレーションサイトの選定
・獲得した見込み客への接触方法コンサルティング

などをご支援します。
詳細は、弊社までお問い合わせください。

 

■公式facebookページでは身近な出来事をご紹介!